会報誌発送

会報誌発送

月刊会報誌の発送をサポート

月刊誌は1ヶ月という短いサイクルにおいて、掲載するコンテンツの内容やページレイアウトの決定、入稿データ作成、印刷等に多くの時間を費やします。従って、発送作業に割ける時間は必然的に限られてきます。そのような状況の中でお客様がコア事業に割くリソースを最大化できる状況を作り上げること。アウトソーシング企業として弊社の目指すところはそこにあります。ご依頼いただいた発送の業務だけではなく、その案件の全体像を描いてサービスをご提案いたします。そして、発送作業にかかる時間をお客様の想像を超えて短縮し、お客様がコア事業に充てるリソースを最大化していただくことが、アウトソーシング企業としての弊社の使命だと考えております。例えば、発送作業において最も煩雑になる封入封緘の工程を、ラッピングマシン(OPPフィルムを使用した自動封入封緘機)によってスピードアップすることで、マンパワーによる手封入作業と比較して大幅に作業時間と作業コストを抑えることが可能となります。

会報誌発送で費やす時間の分配イメージ

※月刊誌の企画からお客様のお手元に届けるまでにかかるすべての時間を100%としたときに、大まかな4工程にかかる時間の割合(イメージ)。アウトソーシングにより、発送に費やす時間が大幅に短縮でき企画・制作といったお客様のコア事業に多くの時間を使うことができます。

モノではなくオモイを届ける

お客様が時間をかけて作成した会報誌には、受け取る人へのメッセージとオモイがつまっています。発送代行という言葉の通り、お客様の代わりとなって発送に関わるすべての作業を行い、お客様のオモイを受け取る人へ正確に伝えること。それが私たちの考える【発送代行】です。
宛名ラベル一つ貼る作業でも真っ直ぐ中心に貼られているか、封入作業では少しでも汚れた資材があったらそれは使わないようにする。私たちは、お客様のオモイを確実に届けるため、そのような細かいところまで気を配り、最大限の努力と責任を持って作業を進めます。

ページトップへ